NEWS

2019年01月26日

ラッコよりファンの皆様に大切なお知らせ

平素よりラッコを応援いただき誠にありがとうございます。
この度、2019年5月30日高田馬場PHASEにて行われる単独公演 -排他的主張-FINAL公演を持ちまして、ラッコは無期限活動休止となる事をここにお知らせいたします。
2016年の活動開始より本日までご声援頂きましたファンの皆様、そしていつも支えて頂きました関係者の皆様には深い感謝と共に、このような発表になってしまった事を心よりお詫び申し上げます。
ラッコがこれまで活動を続ける事が出来たのも一重に全国各地のLIVEハウスに数え切れないほど足を運んでいただいたファンの皆様、また各所より応援いただいたファンの皆様。
全てが応援していただきました皆様のお蔭だと思っております。
そして、多くの関係者の皆様からも数々のご指導ご支援も大きな励みとなりました。心より深く感謝申し上げます。
無期限活動休止となる最終公演まで残り僅かとはなりますが、メンバー、平 一洋、SAN、milk、higiri、そしてスタッフ一同、精一杯努めさせていただきます。
最後まで変わらぬご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ラッコ(平 一洋、SAN、milk、higiri)
GLK MUSIC一同

[平 一洋]
応援してくれたファンの子へ
遠くから見守ってくれてたファンの子へ

先ず、ラッコのボーカリストしてバンド継続を守れなかった事を悔しく思うし、申し訳ありませんでした。

活動休止の理由はどれを軸にして皆に伝えればいいのか解らない程、メンバー個々に違うと思うので、
俺自身含めメンバー各々考えを俺が把握してる限りで正直に話したいと思います。

活動して2年半、このバンドを始めようって出会ってから3年ぐらい経つのかな

lvy君が脱退する前から 正直解散しようって話、脱退したいという申し出は 何度もありました、、

その度になんとかやっていこうって話を何度も話したり、個々に長電話したり自分が出来ることは何でもしてきたつもりです。

投げ出すのは絶対にしたくなかったから耐え忍んで、耐え忍んで、気付けば何がしたいのかも解らなくなったりもしたけども、その度に新しい自分と出逢えたしそれでいいと思ってました。

全員の考えを尊重する事って本当に大変な事なんだなって深く悩みました。
方向性なんてRameさん含め6つ脳味噌あったら噛み合わなくて当たり前なんだなって

方向性の違い、音楽性の違い、バンドの解散毎に良く目にします
愚痴や疲れた事で、、もう無理だ、、と辛い気持ちを吐いた事はありますが、最後までラッコ辞めさせてくださいと懇願した事は一度もなかったのが個人的に唯一の救いでした。

個人的に疲れる度にその度にレーベルメイトやメンバーに支えられてきました、それが一番大きかったです。
俺は誠実にやって行きたいと思ってGLKに加入し、ラッコのメンバーと出会いました。

それが出来る出会いだと信じてました。

ラメさん、メンバーには感謝しています。

色々勉強させてもらいました。音楽で飯を食って行く為にいかに苦労しなきゃいけないかなど本当学んだ事は数え切れません。
ラッコをやってからよく言われます、良くも悪くも 人間変わったね、、アーティストとしてそれが凄く辛かったけど、それでもなんとかやっていけたのはこのメンバー、この事務所の力だと思うしそれに答えたくて必死でした。

最終的に自分自身にけじめをつけないと今までの事を全て否定してしまう気がするのでそれだけができませんでした。
表立って後悔なんて一度もした事ないです。
ライブで感情的になってそんな事言った時もあったかもしれないけど、今までやってきた事全てが俺の糧になってるし自惚れるけども、、本当カッコイイバンドしか組んでない自信があります。

音楽業界、このシーンについても、俺自身疑問を持つ事を辞めたくないから、自分の考えをちゃんと持ってこれからも続けて行く為にみんなの考えが交わった時に復活しよう、、それしか道はありませんでした。

言うだけなら幾らでも揚げ足なんか取れるし誰が悪いこれが悪いとか本心で思ってないからここでは言いません、、全ては俺の力不足です。

もう残り少ないのかもしれないけど 応援してくれた人達に本当に申し訳ないけど、それがなくなったら俺じゃなくていいと思うから
力不足だった負け犬の最後の我儘を許してください。
可能性は消したくないです。
個人的な話になりますが、これから音楽自体続けるのかと問われるとなんとも言えないけどバンドを組む事は恐らくもうないです、、、、
ありがたい誘いやいろんな話があったけど、、
ビジネスとして俺は音楽を続けてゆく困難さを学びましたが、音楽は俺のライフワークです。

生涯のテーマなので自分がこれがカッコいいと心から思える事をやり続け本気で自分自身にけじめをつける人生をこの先歩むつもりです。

夢は大当たりしたいです、、売れたいです。
その先に自分自身に余裕をもち 受けた恩を全ての人に音楽で返せる様に全力で取り組みたいと思ってます。

化粧するかどうかも解りませんが、構想練って1カ月で始めるかもしれないし、、構想練って、、練って、、一人じゃ結局無理だから誰かを頼って気づいたら3年後とかになるかもしれません。

諦めるとかじゃなくて最後にこれで無理なら俺は最初からダメだったんだなって
世の中に出す前に思える物作りをきちんとしてから 出してケジメをつけたいのです。

最後にそう簡単に復活なんてしないと思いますがいつかみんな笑ってられる様な環境を作り、ヴィジュアル系ロックバンドのラッコを復活させたいと密かに心の隅に置いてこれからも頑張ってゆく所存です。

higiri Ivy SAN milk Rameさん 深見さん りょーすけ あんこちゃん 関わってくれた全ての人に心から感謝してます。ですがまだ終わってません。

5月まで宜しく御願いします。
それまでラッコへ僕なりに必死こいて頑張るつもりです。俺からは以上です。
これからも宜しく御願いします

[SAN]
メンバー、社長と何度も話し合いを重ねた末の答えでした。

ラッコを応援してくれている皆さん、ごめんなさい。

このメンバーと一緒に音楽やれて、社長の下で活動ができて、素晴らしい仲間に囲まれて、みんなに会えて本当に良かった。

最後までラッコはラッコらしくありたいと思います。
残りの活動もよろしくお願いします。

[milk]
こんな発表になってしまい本当にすいません。
夢のような時間でした。
最後までよろしくお願いします。

[higiri]
まず5/30でラッコは終わりを迎えます。
今現在2年と少しですがあっという間に過ぎたなと思います。

ラッコを組んで経験した色々な事。
昨日の事の様に一つ一つ思い返すと、良かった事とこれで良かったのかな?と、思う事は沢山あります。
それは当たり前ですが、ラッコを通じて出会った人やお世話になった人観に来てくれた人観てくれた人1人1人思うと感謝の気持ちが大きいし、結果自分を成長させてくれたんだなと感じてます。
ありがとうございます。

最後にこういう形になってしまい申し訳ありませんでした。
俺は経験した事を糧に前に進もうと思います。
今までありがとうございました。